サイトの名前はこんな風に決まりました

このHPの名前は、「AWA CREATORS DB(アワ・クリエイターズ・データベース)」。

略して「アワクリ」です。

この名前は、実は20を超える候補から選ばれました。

●シンプルで、分かりやすい

●覚えやすい

●徳島のクリエイターたちの集まりだぞ、ということが分かる

そんな評価を受けて、どうどうと勝ち抜いたものです。

 

名前が決まったのは2013年12月の第2回ワークショップ。場所は、神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスの広いスペース。会議机は、なぜかミカンを載せた、こたつ4卓です。「コタツミカンだぁ~」と喜びながら、ほのぼのと暖を取りながら、議事を進めるメンバーたち十数人。しかし、ワークショップ後半、サイトの名前を決める段階で、議論は予想以上に紛糾しました。

サイトの名前次第で、イメージはがらりと変わります。そんな大事な場面で、クリエイターたちが黙っているわけはありません。

最初は遠慮がちに、しかし熱を帯びるにつれ、どんどん候補案が出てきます。

・やっとさーDB

・やっとさークリエイターズ

・AWA RISE CREATORS

・AWA RISE DB

・OUR CREATORS DB

・連

・クリエイターZOO/VILLEGE

・クリエイター見つけるくん

・ぴちょんさん………。

徳島らしいもの、阿波踊りをイメージさせるもの。いろいろ出てきます。なかには「?」な名前も交じっていますが、その説明は脇に置いておきましょう(笑)。

結局、多数決で決めていくことになりました。票は1~2票差と割れてはいますが、20個が10個に減り、10個が5個に減り…とどんどん絞られていきます。

そして最後の候補となったのが、

・AWA RISE CREATORS

・AWA CREATORS DB

「AWA RISE」というのは、このサイトの仕掛け人であるとくしまクリエイティブネットワークコーディネータ(CNC)が作った造語。「阿波を盛り上げる/阿波が盛り上がる」という意味があるそうです。この造語と、「阿波のクリエイターたち」という名前とが、決選投票で戦うことになりました。

そして、

●きわめてシンプル

●門戸が開かれている感じがする、オープンな印象がある…

こうした評価を受けて、僅差で「AWA CREATORS DB」が選ばれたわけです。

いったん名前がつくと、サイトはどんどん育っていきます。

名は体を表すといいます。コンセプトが名前を生み、名前が元となって、愛称やロゴ、全体の雰囲気をさらに深めていくのでしょう。

そして今、このサイトは「アワクリ」がぴったりのサイトにスクスク育っています。